メニュー 閉じる

緑茶の効果的な淹れ方

緑茶の美味しい季節です。私は、特に渋めのお茶が大好きです。

その緑茶には、抗酸化力やダイエット、リラックス効果など、美容・健康効果が高いことで知られています。

そこで、目的別の緑茶の淹れ方があるそうなので、ご紹介したいと思います。

http://www.stelvanschurchaberdare.com/

茶のカテキンには、すでに蓄積された脂肪をエネルギーとして燃焼するよう促す働きがあります。緑茶は、高温で淹れるほどカテキンが溶け出すので、ダイエット効果を期待するのであれば高温で淹れたお茶がお勧めです。

リラックス&冷え取りには低温で淹れる

低温で淹れたお茶には、うま味成分である「テアニン」が多く溶け出す。

テアニンには、気持ちをリラックスさせる働きがあり、手足の冷えが気になる方も低温で淹れたお茶がお勧めです。

水出し緑茶は、あまり馴染みが無いと思いますが、水で淹れることで「エピガロカテキン」と呼ばれるカテキンが溶け出し、免疫力を高める働きがあることで注目されています。

免疫力UPには、水で一晩 抽出したお茶を飲む。

エピガロカテキンは苦味が少ないので、緑茶の苦味が苦手な方にもお勧めの飲み方です。

ご飯にとてもよく合う緑茶ですが、温度の淹れ方で、色々な効果があるのは、驚きでした。

各目的別に淹れ方を変えて飲んでみるのもいいかも知れませんね。