メニュー 閉じる

50代女性の薄毛の原因は?対策はどうしたら良い?

女性も50代を迎えると、薄毛に悩まされるようになります。50代は、閉経を迎える時期です。閉経を迎えると、女性ホルモンの減少が目立つようになり、男性との差がほとんどなくなってきます。

ニューモ育毛剤の悪い口コミを徹底検証!

女性ホルモンが減少することで、女性も50代になると髪の毛にコシがなくなります。髪全体が薄くなります。頭頂部や分け目が目立ちます。

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの二種類に分けられます。加齢が進むにつれて著しく減少するのがエストロゲンです。エストロゲンは、髪の毛の成長サイクルに関わります。エストロゲンが減少するために、髪全体が薄くなります。

女性ホルモンが減少する一方、女性でも男性ホルモンの分泌が増えてきます。男性ホルモンは薄毛をエスカレートさせます。そのため、頭頂部から全体に髪質が弱くなります。コシがなくなってきます。

加齢による身体的な機能の低下に対しては、頭皮マッサージがお勧めです。頭皮マッサージを定期的に行うことで、頭皮全体に栄養が行き渡りやすくなります。 また、大豆イソフラボンを積極的に摂取することも大切です。

50代になると、多くの女性は白髪染めやパーマで髪の毛の印象を若くしようとします。しかし、パーマ液には、髪に含まれているメラニン色素や、髪を結合しているアミノ酸システインを分解する働きがあります。髪の毛の内部を傷め、薄毛を助長しかねません。過度なカラー剤やパーマ液の使用は控えるのが無難です。