メニュー 閉じる

薄毛の症状の一つ「分娩後脱毛症」

女性特有の薄毛の症状の一つに、「分娩後脱毛症」という物があります。ベルタヘアローションの口コミを暴露!

これは、分娩を行ってから2~3ヵ月くらいして症状が出てくるという物です。

主な症状としては、「分娩を行ってから、急に抜け毛の量が増加する」「しっかりしているはずの硬毛が抜ける」などが挙げられ、「慢性休止期脱毛症」と似ています。

妊娠後期になると、エストロゲンが増える影響により、毛周期のうちの成長期が長くなります。

そして、退行期に入らなくなるのですが、分娩が終わった後は2~3ヵ月ほどでエストロゲンの量が元に戻るので、毛周期も急激に成長期から休止期に入ることになります。

そこで、それまでの成長期に生えていた頭髪が休止期に入ることになり、ごっそり抜けてしまうのです。

本来抜けていたはずの頭髪が、抜けるべき時に抜けず、普段より長い成長期の後でごっそり抜けてしまうため、実際以上に薄くなったように見えます。

抜け毛が増えることで頭全体のボリューム感も減り、地肌が透けて見えたりすることもありますし、額の生え際から後退が始まることもあります。

ただし、これは妊娠で一時的にエストロゲンが増えたことと、出産で女性ホルモンが急激に減ったことが原因なので、通常であれば半年ほどで元に戻ります。