メニュー 閉じる

化粧水、化粧品、何を変えてもダメだった肌荒れの理由と改善方法

肌荒れを治すにはまず保湿!

インターネットからの知識で保湿が大切だと信じていた私は

ニキビに効くと広告している化粧水を乳液からナイトクリームまでラインで買いそろえて2万円近くを使い、

でも肌荒れは改善されず、また違うブランドの化粧水を買いそろえ。。。

一体いくら無駄にしたのか分かりません。

私は1年くらい前からおでこと小鼻の周りに小さな白ニキビが大量に発生しました。

朝起きて鏡をみると落ち着いているため(赤みが出てないからましに見えるだけで治ってはない)

病院に行くほどではないかな、と勝手に思ってあれやこれやと化粧品も変えてみたりしていましたが

1年たっても症状は全く改善されず、しかも朝は引いている(ように見えるニキビも)帰宅して洗顔をすると

真っ赤に炎症を起こすようになってしまっていました。

ちゃんと保湿はたっぷりしているのに、と不思議に思っていましたが、実はこの保湿が一番の症状悪化の原因でした。。。

彼氏からおでこがデコボコだと言われてついに決心して皮膚科に行ってみました。

皮膚科に行ってもどうせ塗り薬を渡されたり漢方を渡されたり、対して効果はないと今までの経験から全く期待していなかったのですが、

この病院で出会った「ピーリング」が悩み全てを解消してくれました。

私の症状をみた先生は30代前半の私に向かって優しい笑みを浮かべながら「思春期ニキビですね♪」と診断しました。

この年になってまだ思春期かい!と心でつっこむ私に、勧めてくれたのがケミカルピーリングでした。

保険適用外になるけど、効果は早いしお金に余裕があるならやってみたらと言われ、

別にお金に余裕があったわけではないですが1回の施術が9000円で、化粧品を買い替えて2万円を超えることも多かった私には

安く感じました。(こういう時、肌が元から綺麗な人ってお金かからなくていいなと心底羨ましく思います…よね。)

その値段で、しかも病院の先生が言うならまぁ、とまだ半信半疑でしたが

結果、よかったのは施術よりもむしろ美容皮膚科専門の先生のアドバイスでした。

私の肌をみた先生は(やはり専門なだけあって肌とってもきれいでした)

「…保湿やめようか!」と一言。

保湿が一番大事だと思ってたのでびっくりでした。

要は私の肌は汚れが落ちてないのに油分がさらに付け加えられ油田状態になり、さらにそれを隠そうとリキッドファンデーションを使っていたのでさらに油、油、油。

それは雑菌も蔓延ってニキビだらけになるわと納得でした。

でも保湿しないと肌が乾燥して油をだそうとしてオイリーになりそうなイメージがと言うと、

それは個人差があるもので皆が皆そうではないですよと。

ビハククリアは市販で購入できる?3ヶ月使った効果と口コミ!

私の場合はとにかく洗顔をして肌をクリーンにし、リキッドではなくファンデーションにして肌負担を軽くしてあげること、とアドバイスを頂き、

「乾燥したところに化粧水のさっぱりしたものをほんの少し、クリーム類は一切いらない!」と断言してくれました。

もちろんピーリングをしてもらっての効果もあるのでしょうが、保湿をやめてファンデーションにすると一気に改善し、

1か月後のピーリングではニキビ治療ではなく肌のトーンをあげられるようにやっておこうか、とすっかり美意識高い系女子のようになってました。

改善が早かったので2回目でピーリングはおしまいだそうです。

後は、個人の判断でやりたかったら間隔をあけてどうぞという感じでした。

病院を信じていなかった私ですが、専門家からのアドバイスはやっぱり大事ですね。

見立ててくれた病院でしか買えないという洗顔フォームも自分の肌に合ってすごくよかったです。

よいお医者さんにあたってよかったです。

肌もまだ生理前は少し荒れますがテカリや赤みがなくなり綺麗になったとよく言われるようになりました。

肌が調子いいと前向きになれますし。

お金と時間を無駄にするまえにぜひ、一度、皮膚科に行ってみてください。