メニュー 閉じる

恋愛に幼稚な駆け引きはNGです。

現在、アメリカ在中の男性と婚約中の43歳女性です。

長く遠距離恋愛をしている私の経験談をお話しします。

子持ちでも再婚したい…!子連れのシンママ向けの婚活サービスを紹介!

遠距離恋愛は、マメな連絡の取合いが継続のコツです。

ただ、お互い忙しくてなかなかタイミaングが合わないこともあります。

すれ違いが重なって、やっと連絡が取れたと思ったら、相手は仕事でクタクタの状態で、甘い言葉のひとつも聞けずに電話を切った・・・なんてことも頻繁にありました。

そんな時、女性はつい「相手の気持ちをテストする」行動に出ることが多いと思うんです。

例えば「職場の男性から食事に誘われた」とか、「連絡先を渡された」とか、『周囲の男性からアプローチを受けている』ことを相手に匂わせる感じです。

こちらとしては、ただ「そんなヤツより僕の方が君を愛してる!」なんて言って欲しいだけなのですが、男性にしてみれば「だから何?」って話なんですよね。

逆の立場になって考えると、仕事のことで頭がいっぱいになっているときに、「職場の若い女の子から飲みに誘われた」なんて言われたら、「行きたいなら行けば?」って思いますよね。

私は、すでに婚約している状態だったのですが、何度か「匂わせる会話」をしたせいで、相手が全く電話に出てくれなくなった時期がありました。

忙しい時間の合間に、やっと好きな人の声が聞けたと思ったら、別の男性の話ばかりなのですから、聞きたくなくなるのもわかります。

回りくどく「大好きだよ」と言ってもらうように仕向けるのは、今思えば下らない駆け引きだなぁと反省しています。

年齢や国籍は関係なく、ハッキリ「寂しいです」と口に出すことが、とてもシンプルで気持ちが伝わりやすいと学びました。

今は、その日あったことを報告し合って、お互いの体調を労って、「愛してるよ」と伝え合っています。