メニュー 閉じる

増えた体重、減った体脂肪率

私は現在22歳の大学生です。高校時代はサッカー部に所属しており、身体もそれなりに引き締まっていました。しかし大学生になりお酒を飲むようになり、気がつくと体重は高校時代に比べて10kg以上増加していました。

鍛神(きたしん)を辛口評価!人気HMBサプリの効果と私の口コミ!

これではマズいと思い近所の市営体育館のジムに週1で通うことに決めました。初めの1週間は30分間のランニング、20分間の自重体幹トレーニング、そして40分間の器具を使った上半身メインのトレーニングの計1時間30分の筋トレを行いました。

その結果、わずか1ヶ月で体重を5kg落とすことができました。それから2年間、毎週1回~3回ジムに通い続け、週ごとに上半身と下半身を交互に鍛えました。筋トレの主な種目は、ベンチプレス、ダンベルを使ったものです。その結果、体脂肪率は10%、体重は筋トレを始めた2年前に比べて5kg増加しました。

体重が増加したことに関しては驚きましたが、脂肪よりも筋肉の方が重いということを考えると当然ではあります。現在、ネット上には「簡単に痩せる方法」や「簡単に体重を減らす方法」といった謳い文句の記事が多く存在しますが、体重に焦点を当てるのではなく体脂肪率の増減に目を向けるべきだと思いました。以上、私の筋トレを通して学んだことでした。