メニュー 閉じる

唇の乾燥に気をつけて!

意外と目立つ唇の乾燥

唇の乾燥、気になる物ですが、無視してしまう物の1つではありませんか?

大したことない、そうやって高をくくっているあなた。意外に目立つ物なのです。

シロジャムは効果なし?

なぜなら、顔という人体でも目立つ部分にありながら、毛細血管が集まっているため赤くなっています。

信号機の止まれが赤を示しているのと同じ理屈で、人間にとって赤は警戒色。

つまり、とても気を引く色なのです。

そのような目立つ部位の異常、どのようにしたら防ぐことができるのでしょうか。

普段の行動からチェック!

唇が乾燥しているな、そう感じたとき、あなたはどうしていますか?

本能的に、なめてしまっていると思います。

確かになめてしまえば、唾液の水分が唇につき、一時的に潤すことができています。

しかし、これは本来、やってはいけない行動です。

なぜなら、水分が蒸発すると同時に、少しだけ残っていた唇の水分を持って行ってしまうからです。

こうなると、負の連鎖は止まりません。

唇が乾燥していることに気づき、なめる。さらに唇は乾燥する。そしてなめる。

だんだん乾燥が加速していることに気づきましたか?

そうなる前に、対抗策を打ちましょう。

王道のリップクリーム

乾燥したな、そう感じたらリップクリームを塗りましょう。

リップクリームは油分で構成されているため、潤いをしっかり閉じ込めてくれます。

いわゆる、保湿の状態です。

しかし、リップクリームに注意点が。

それは、塗りすぎてしまうことです。

唇は非常に敏感な部分のため、刺激に弱いのです。

リップクリームを塗るという刺激を与える行為を続けると、次第にボロボロになってしまいます。

なので、適度に使いましょう。

目安は1日3回。朝起きたとき、日中、そして就寝前。です。

最後に。

いかがでしたでしょうか。

リップクリームが唇の乾燥に効果があるとは知っていた物の、使いすぎによる弊害はあまりご存じなかったと思います。

何事もほどほどが大切ですね。

リップクリームは、身近な店舗に置いてあります。

冬でなくても乾燥はします。準備しておくのに越したことはありません。