メニュー 閉じる

カミソリ、毛抜き、徐毛クリーム、家庭用脱毛器具、色々試して迷った結果電動シェーバーに落ち着きました

基本的にエステや医療脱毛は考えていません。人に肌を触られることが苦手だからです。自分で出来る限りの無駄毛処理をしています。一番お金がかからない手っ取り早い方法は毛抜きとカミソリです。毛抜きの方が長持ちしますが、一本一本抜くのは手間です。そこでカミソリの出番ですが、安全重視でT字カミソリを使います。顔や眉は一回り小さなフェイスライン用のT字カミソリもあります。カミソリは剃った直後はツルツルなんですが、チクチクトゲトゲしてきます。ムーモは効果なしで効かない?
徐毛クリームなら剃らないから表面が滑らかになります。確かに徐毛クリームは仕上がりがチクチクトゲトゲしませんが、時間がかかります。一人暮らしならいいですが、家族からお風呂が長いとクレームが来ます。それは、カミソリでも同じことです。お風呂場を占領して無駄毛処理をすると時間がかかります。そこで、家庭用脱毛器具の出番です。抜く機能のカートリッジをつけてやってみたのですが、とにかく痛い。短くカットした毛でもブチッとちぎれるような痛さがあります。

意外と使えたのが、カートリッジのシェーバーの方です。確かに剃っているのですが、刃だけのT字カミソリよりは肌に負担がかかりません。同じメーカーが出しているフェイスライン用のミニシェーバーも買いました。こちらは見た目がT字ではない普通のカミソリのように見えます。しかし、シェーバーなので刃が振動して無駄毛を剃ってくれるのでうっかり切り傷をつけることがありません。男性用の電気シェーバーと違ってうぶ毛がきれいに取れます。家族の男性用の電気シェーバーを刃だけ自分用を買って変えて使おうと思っている人はやめておいた方がいいです。

刃だけ変えることは衛生上大切ですが、それ以前の問題があります。男性用シェーバーは髭を想定して作られているので、深く剃って肌が真っ赤になります。女性の無駄毛には女性専用の脱毛器具や徐毛器具が向いています。エステや医療脱毛が難しい場合は、カミソリよりも電気屋さんで変える脱毛器具がおすすめてす。

抜く機能が痛い場合があるので、必ず剃る機能シェーバーつきのカードリッジがあるものを選ぶと長く使えます。

それでも、夏はかなりの頻度のお手入れになるのでだんだんと無駄毛の処理が面倒くさくなっていきます。人に肌を触られることが嫌なのでエステや医療脱毛は検討していなかったです。そんな私でも脇と腕、太もも、背中などは医療脱毛してみたいと最近は思い始めています。特に、絶対無駄毛があっては不味い脇と自分で処理が出来ない背中はプロの手を借りた医療脱毛やエステの脱毛を検討したいです。

とにかく夏になると無駄毛処理はほぼ毎日のことになります。毎日肌にカミソリを使っていたら、いくら刃のカミソリではなく電気を使うシェーバーでも、肌がカミソリ負けしていきます。若い頃は平気でしたが、三十代になると肌が乾燥しやすくなります。

もう三十代だからいいかではなく、仕事に家事に子育てに忙しい三十代だからこそ医療脱毛やエステの脱毛を使ってみて、肌へのダメージを減らしたいです。

特にお子さんが小さい方はゆっくりお風呂にすら入っていられないと思います。私も子どもがいるとカラスの行水です。子どものすぐそばにカミソリや電気脱毛器を置くのも怖いです。もちろん、使用後は子ども手の届かないところに置きます。でも、無駄毛処理をしているときにじゃれてくる子どもにイライラします。危ないから真剣に怒るのですが、真剣に理解していないようです。

主人に子どもを預けて今年こそ医療脱毛かエステの脱毛デビューをしてみたいです。一度施術を通いきってしまえばしばらくは楽になると知ってから、医療脱毛やエステの光脱毛に興味が出てきました。