メニュー 閉じる

お金を使わない英語教育

私は両親ともに日本人で、帰国子女でもない、ごくごく普通の日本人です。学生の時は、帰国子女で英語が得意な友人がとてもかっこよくて、いつもうらやましく思っていました。中学生から学校で英語教育が始まりますが、文法や単語の暗記などは全然面白くなくて、英語にはとても苦労しました。

セノッピーは効果なし?!森三中大島さん愛用サプリの口コミを暴露!

自然に英語が話せる友人たちは、教科書の勉強でできるようになったわけではなく、小さいときに海外に住んでいたなど、英語に囲まれた環境に長いこといたことで、英語に抵抗感がまったくないとのことでした。

大人になったときに、苦労せずに英語をできるようになるには、幼少期から英語にとにかくたくさん触れさせることが大事です。普段何気なく見る、ディズニー映画や音楽は全て英語で見せたり、おもちゃも英語をしゃべるぬいぐるみや本を与えることで、毎日の生活の中に自然に英語を取り入れることができます。

毎日車で聞かせている英語の歌やビデオを、自然に英語で口ずさむようになってきます。小さいころから高価な英語教材を購入したり、外人の家庭教師をつけている人たちも周りにいますが、週に数時間の英語教室に通わせて満足するのではなく、毎日の生活に取り込むことが、子供の英語習得の一番の近道だと思います。