メニュー 閉じる

肌荒れ ニキビに対して取り組んできたこと

私がニキビができ初めてのは、小学校6年生くらいからで、最初はおでこ・鼻回りに白ニキビが出来てました。

当時はニキビで皮膚科に行くという考え方は今よりもなかったので、小学生ながら悩みアクネ菌を聞くと言われる洗顔や夜つける塗り薬などを試しました。http://www.mensajesdereflexion.org/

薬や洗顔は効果がなかったため、肌がキレイに見えるように、学生からつかえるニキビ用のファンデーションで隠してみたりとしました。ドラックストアで購入できるニキビ用品やビタミン剤を試しても、完全に治ることはなく、ニキビをつぶしては炎症を繰り返し、赤いニキビが多く出来るようになりました。

おでこには今でもクレーターが残っています。中学生2年くらいにはニキビ用の洗顔・化粧水・乳液がついたトライアルセットが販売されるようになり、その時から化粧水を使用し、パックすることや、鼻のパック(小鼻の汚れを取るパック)を使用したりとかなり、親にはお金をかけさせていたと思います。

試せることは全部試してきましたが期待できる効果はなに一つなかったです。高校生になり美肌に関して食べ物や生活習慣が基本という情報を得てからニキビに対して、薬以外で生活習慣を見直しました。

チョコなど脂肪分の多いお菓子を気を付けたり、夜更かしでしたり。便秘体質で冷え性でもあったので、代謝を良くするための食事を考えたりとしました。それでも完全治癒には至らず、入浴方法を変えることに当時は思い付きで自分なりに考えて試しました。

お風呂につかりながら、熱めのタオルを顔につけて冷たくなるまでを目安にホットパックを行い、その後冷水タオルをつくりクーリングパック、冷えたと感じたところでまたホットパックとこの流れを3~4回繰り返し、入浴後も出来るだけ水分が入るように化粧水でパックをするという工程を1カ月くらい試しました。

これが私には意外と効果があり顔中にあったニキビが消えていったのです。ニキビ跡は残りましたが、ニキビがつらなって出来るという事態にはならず、出来てもポツポツくらいにまで減らすことに成功することができました。

学生の間ずっとニキビ面で誰とも顔を合わせたくなく自身がもてなかった日々を過ごしました。高校3年でやっと顔が上げれ、おでこを出すことができるようになりました。自宅でできて、化粧水よりお金はかからないので気軽に試せると思います。